就職コンサルタントの声

就活で大切なことは、まずその方の第一印象。

就職を希望する皆さんは企業の方と実際にお会いするときの印象ばかり気になさいますが、履歴書やエントリーシートに貼る写真こそが本当の第一印象だということを忘れがちです。

1次書類審査であるES(エントリーシート)の写真で良い印象を残せなければ、「実際に会いたい!(=面接に進ませたい)」とは思っていただけません。

また、1次面接を終えた後の選考でも、履歴書&写真を見ながらどの方に次の面接に進んでいただくかを検討しています。 履歴書などに貼る写真は、選考中&選考後も識別表として使われる大事な写真なのです。

「フォトスタジオ・ビレット・西新宿」は、下記3つの条件が揃ったベストな写真スタジオとしてお勧めします。

1:納得のいく写真を撮れるようにアドバイスがいただける。
2:照明を変えたり表情のちょっとした違いを工夫しながら、たくさんのショットを撮り、その中から最も訴求力のある写真を選んでくれる。
3:現代の証明写真の知識や経験が豊富である。

石川和美さん

石川和美さん

埼玉県内市役所にて市長秘書として勤務。
その後中国への留学を経て、社会人資格教育の企業に入社。
1999年より、ビジネス研修講師として大手派遣会社のスタッフ教育、企業研修&人材教育コンサルタントを行う。
2007年からは、経済産業省が提唱する「アジア人財資金構想」の就職対策研修講師として就職支援に深く携わる。
現在は各高校・大学にて実践重視の就職支援セミナーを多数行なっている。
著書「外国人留学生のための日本就職オールガイド」(凡人社)などがある。

就職活動において第一印象はとても大切です。

身だしなみや仕草、声のトーンなどの影響も受けますが、一番はやはり表情です。
口角を上げて笑顔を心がけましょう。

履歴書やESに添付する写真はいわばあなたの第一印象。
納得のいくものを選びましょう。

「フォトスタジオ・ビレット・西新宿」さんは親身に相談に乗ってくれるので安心です。

早川優子さん

早川優子さん

上智大学文学部教育学科卒業。
オムロン株式会社、株式会社リクルートを経て2004年より早川オフィス設立。 セルフコーチングコンサルタントとして就職支援や企業研修などを行う。
研修実績は年間150日。

ページトップへ